九州・沖縄地区
中国・四国地区
北陸・信越地区
近畿地区
東海地区
海外
南関東地区
北関東地区

東北・北海道地区

本文へスキップ

指導員が提出する報告書Report


指導実施結果報告書

  • 開催地区をクリックして必要事項を記入して送信する。
  • 講習会に複数の指導員が参加している場合、その中から報告者を決定しておく。
  • 報告書は1講習につき1シートとする。複数の講習会を1シートにまとめて報告しない。
  • メールがない場合は、本報告書を印刷し、記入の上でFAX(事務局:0258-47-9316)送信する。
  • FAXがない場合は、常務委員に電話連絡をして口頭で報告する(最終手段)。




事故報告書 Incident Report   ダウンロード

  • 指導員が実施する講習会等において発生した事故(ヒヤリハットを含む)は必ず報告すること
  • ボランティア活動保険等を使用した事故事例では、本報告を必須とする
  • 本事故報告書を受け付けた後に、担当統括指導員から報告者宛に連絡し、聞き取り調査を行う
  • 本報告書は、故意、重大な過失があった場合を除き、原則的に指導員の個人的責任を追及するものではなく、
  • 着衣泳技術・講習会運営の安全性を高めるために利用する
  • 事故の重大性如何に係わらず人身事故の場合は、即日報告すること
  • 物損事故に関する報告は事態の収拾状況も含め7日以内に報告すること